令和元年度 北方領土青少年等現地視察支援事業事前説明会・研修会

12月7日(土)、県総合運動公園受付案内所大会議室にて、上記の研修会が行われました。

「北方領土青少年等現地視察事業」は、県内の中学生が北方領土隣接地域を訪問し、北方領土の視察(望見)や元島民の体験談を聞くなどの機会を提供することで北方領土問題を身近な問題として捉え、返還要求運動を継承してもらうことを目的に実施しています。

参加する中学生と保護者に向けて、説明会を行いました。

最近、北方領土を取り返すには戦争をするしかないと発言した議員についてニュースになっています。北方領土は日本固有の領土なのに、なぜ戦争をしてまで取り返そうとしないのか?この議員の発言がなぜ炎上しているのか?隣接地域に住む道民や、元島民の方と、現在北方領土に住むロシア人との交流についての話を聞いて、その理由を肌で感じてほしいと思います。そして返還要求に関する正しい知識を学んでほしいと思います。

当日は、年末ということで、北海道もより一層寒さが厳しくなる時期です。体調に気を付けながらも、めったに体験できない寒さと雪の感触を楽しんでいただきたいと思います♪

後日、現地視察支援事業の内容をupいたします。… 続きを読む

令和元年度 北方領土返還要求九州・沖縄ブロック会議

令和元年度 北方領土返還要求九州・沖縄ブロック会議

令和元年8月3日(土)。本会議は、今年度の幹事県である沖縄県で行われました。

会場は、沖縄県那覇市のホテルサンパレス球陽館。九州・沖縄ブロック各県の返還要求運動県民会議代表者、行政担当者、推進委員が一堂に会し、意見・情報交換を行いました。


令和元年度 北方領土九州沖縄ブロック青少年啓発事業~北方領土教室~

ブロック会議が行われた次の日の8月4日(日)、那覇市商工会議所会館ホールにて、上記の青少年啓発事業が行われました。

中学生の学習指導要領に示された地理的・歴史的分野から北方領土問題をを学び、平成29年と平成30年の全国スピーチコンテストで大賞受賞した北中城中学校の瀬底蘭さんと、平成31年に大臣賞を受賞した沖縄尚学中学校の津嘉山理子さんの作文発表を聞きました。九州沖縄の社会科担当の教論から沖縄の北方領土問題の学習の実態を説明していただきました。

北方領土教室では、石垣第二中学校の豊見本宏樹教論と、宮崎県の平松憲太郎教論が講師として教えていただきました。

北方領土から一番遠い九州・沖縄で、いかに日本人としてこの問題を身近に感じるか。ただ「返せ」ではなく、この島にはたくさんの人生があることを忘れず、この遠い地から正しい知識を学び、後世に伝えていきたいと再確認しました。… 続きを読む